なまずの喫茶店

オリジナルも版権も何でもござれ♪好きに描きます( ..)φ

雑記(株)2020.3.2~2020.3.6

f:id:siiko-namazu:20191214153620j:plain

 

2月も過ぎ去り、早くも3月に入りましたが

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

世間では新型ウィルスが猛威を振るい、学校はお休み

企業もテレワークを推進するなど、戸惑いと緊張が蔓延している様子。

イタリアは感染者数が中国・韓国に次いで多いですね(-_-;)

ていうか結局、日本の方が少ないってどういうこと?

国民性の違いかもしれない・・・

あっちは挨拶にハグとかが当たり前なんでしょう?

どうも接触率が高そう?・・・なんて思ったりするんだけど。

 

日本人の衛生面では世界で最も高いのでこのくらいで済んでいるんだと思いますが、実際の感染者数は無自覚者も入れて相当な数じゃないかな。

かくいう私もかかってないという自信がないです。

住んでる地域は大都市に入るし、国内外の人の出入りがとにかく激しいから(-_-;)

 

f:id:siiko-namazu:20200307094059p:plain

 

今週もまた相場は下がる下がる下がるさがr(もういい)

ヨーロッパやアメリカまで感染拡大の影響を受けて、市場は急速に落ち込む。

FRBや日銀の金融緩和や追加利下げの発表があっても反騰する気配がないです。

雇用統計も良かったのにな。

弱い~弱い~~( ゚Д゚)

 

f:id:siiko-namazu:20200307175344p:plain

【米国ダウ】

 

最安値より切り上げてはいるけどね。

見事なナイアガラの滝ですな・・・

ボラがすごいな。

なんでも大統領選挙絡みも大きいだろうという事。

バイデンさん*1とサンダース*2さんとの戦いになるようで結構接戦してるんですかね。

サンダースさんが優勢に立つと市場は下がります。

 

f:id:siiko-namazu:20200307175450p:plain

【米国S&P】

 

f:id:siiko-namazu:20200307120451p:plain

【日経】

 

日経20,000円の攻防戦ですか??

どこが底か私には分かりません(毎度言ってるけどw)

 

 

ふむ・・・20,500円との見方もある。

とりあえず20,000円前後かなぁ~? 

まぁ日経なんでさらに下振れ加速する事も十分にありうるとは思いますが。 

 

あとは原油の下振れとアメリカ10年国債かな。

恥ずかしながら国債とかよく分からないです、はい(´・ω`・)エッ?

ゴールドを始め安全資産の買いが入っているとの事。

 

6日の金融市場では質への逃避で米国債が買われ、10年物利回りが0.7%を下回った。

  10年債利回りは一時22ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し0.6932%と過去最低を更新した。ロンドンの午前10時33分現在は約0.77%。30年債利回りは27bp低下し1.2742%と、こちらも過去最低を付けた。

  他の安全資産も買われ、円はドルに対して一時1%超上昇し、1ドル=104円台となった。

  先進国のソブリン債利回りは軒並み低下。トレーダーは米追加利下げ観測を強め、先物市場は米政策金利が今年下期に0.25%未満にまで低下するとの予想を示唆している。

原題:U.S. Rates Hurtle Toward Zero as Traders Hide Out in Treasuries、*USD/JPY FALLS BELOW 105 FOR FIRST TIME SINCE AUGUST(抜粋)

原題:
Treasury Yields Plunge to Fresh Record Lows, Fed-Cut Bets Rise(抜粋)

米国債上昇、10年物利回り0.7%割れ-安全資産買いでドル一時104円台 - Bloomberg

 

とりあえず私には様子をうかがう事しかなできないですね。

 

以上、疲れたw

考えるだけで頭ぐーるぐるww

でもいい勉強にはなりますよ。

 

参考記事:今週の【早わかり株式市況】半年ぶり安値、コロナショック・円高で売り続く | 市況 - 株探ニュース

参考記事:新型コロナ感染10万人超 3カ月で世界的流行に (写真=ロイター) :日本経済新聞

 

 ▼良ければポチっと押して頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

*1:全米の世論調査で首位に立つ前副大統領のジョー・バイデン(77)は40年を超える政治経験が武器で、穏健な政策を掲げる中道派の本命といわれる。高齢への懸念や新鮮味に乏しいとの批判を乗り越え、3度目の挑戦で指名を勝ち取れるか。

「トランプを止めるのは経験だ」バイデン氏3度目の挑戦: 日本経済新聞

*2:2016年に米大統領選の民主党の候補指名争いで大健闘して全米で一躍有名になった上院議員バーニー・サンダース(78)。約60年にわたり経済格差是正を主張し、候補のなかで最高齢ながらも若者から高い支持を得る。「バーニー旋風」の再来には、黒人などマイノリティー層の取り込みがカギを握る。

サンダース氏 最高齢の「若者の星」: 日本経済新聞